仕事は時間の無駄と思ったらもったいない。無駄にしないように働こう。

ノートパソコンの前で頭を抱える白いTシャツの女性仕事

「仕事ってほんとに時間の無駄だから辞めたい・・・」

「毎日同じ電車で同じとこに行って何してるんだろ・・・もう辞めたいな」

そんな悩みを抱えていませんか?

だれしも仕事を辞めたいと考えてしまうことがあります。

働きながらも

めんどくさいな…やる意味あるのかな…

と思っているのなら本当に時間を無駄にしています。

しかし仕事に対する考え方を変えたり、働き方を変えることで仕事を有意義なものにすることができます。

私はサラリーマン歴20年になります。

その間に2回仕事を辞め、1年以上仕事をしない時期もありました。

「しんどいしもう働くのは辞めようかな…」と考えたこともあります。

ですが長い人生で考え方が変わったり、いい会社に出会えたおかげで今は時間の無駄だとは感じなくなりました。

今回は「仕事は時間の無駄だから辞めたい」とおもったときの対処法をご紹介します。

読み終えると働くことに前向きになれるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

仕事は時間の無駄だと感じるとき

少しうつむいてバインダーを見つめるカフェの女性店員

仕事が時間の無駄だ感じていればより疲れてきます。

しかも一度思うとその気持ちが大きくなり止められなくなります。

それではどんなときに時間の無駄だとおもってしまうのでしょうか?

仕事に生産性がないとき

自分の仕事が何かを生み出しているものでない場合は、時間の無駄だと感じることがあります。

たとえばものづくりの仕事は自分がいなかったらその製品は完成しません。

そしてその仕事は製品を使っている人のために仕事をしていることを感じることができます。

しかし何かを整理する仕事や計算だけする仕事は製品や商品を直接作っているのではありません。

自分がやっている仕事が何かを生産していることが見えない場合は「こんなことをずっとやっていて何になる?」と考えて時間の無駄だと感じてしまいます。

毎日同じことの繰り返しのとき

毎日同じことを繰り返していると時間の無駄だと感じます。

ひどければ「何のために生きてるんだ?」とすら思えてきます。

同じ時間に起きて、同じ時間に家を出て、会社に行って同じことをします。

それが何十年も続くのです。

同じことの繰り返しということは、おもしろさが何もありません。

人は笑ったり幸せを感じるために生きているので、おもしろくないことは時間の無駄だと感じるのです。

自分の仕事は誰がしても同じとおもったとき

仕事とはやりがいが重要です。

嫌な仕事でも「自分がいないと誰かが困る仕事」は困る人の顔が浮かんでがんばろうとおもえます。

しかし世の中には誰でもできる仕事というのも存在します。

そういう仕事だいたい給料低くバイトパート多い現場なります。

そんな仕事をずっとしていると誰でもできる仕事なのでやりがいが生まれません。

そうすると働くのが時間の無駄だと感じるでしょう。

自分が成長できていないとき

自分が成長できるなら仕事をがんばることができます。

つらくても「数年前の自分より能力がアップした」と感じることができればやる気が出てきます。

しかしいくらやっても経験も技術も身につかなければ長年かけてする意味はありません。

意味のない作業は時間の無駄だと感じるものです。

ですので仕事をしていてもなにも身につかないとやる気も起こりません。

会社の人間関係がイヤなとき

人は笑ったり、好きな人といることで幸せを感じます。

逆に嫌いな人がいたり、苦手な空間にいるとストレスを感じます。

会社の人は友達ではなく仕事のために集まった人たちです。

様々な環境や考えの人が集まっているので、人間関係がうまくいかないことが多くなります。

ですが会社というのは毎日そういう人たちと仕事をしなければなりません。

好きではない人たちと人間関係を築いていかないといけないことは苦痛です。

苦痛なことをしていると時間の無駄だと感じて辞めたくなります。

仕事を時間の無駄にしないための対処法

黄色い服の女性に資料を見せながら説明する赤いセーターの男性

仕事を無駄な時間にするか有効な時間にするかはあなた次第です。

どんな仕事をするかにもよりますが、働くことにどんな考えを持っているかでも無駄かどうかは違ってきます。

それでは仕事を時間の無駄にしないためにどんなことができるのでしょうか?

なぜ働かなければいけないのか考える

仕事をするのが時間の無駄と考えてしまう場合は、なぜあなたは働いているのかを考えてみましょう。

人はそれぞれ働く理由が違います。

あなたが働く理由が明確になれば、無駄とは考えないでしょう。

働く理由が「子供を食べさせていくため」とか「家を買いたいため」とか明確であれば働くことは時間の無駄ではありません。

あなたは給料以外に特に働く理由が見つからず、仕事もつまらないので時間の無駄と考えているのです。

成長できる仕事をする

働くことで自分が成長できる仕事をしましょう。

資格がとれることでもいいですし、技術が身に付くことでもいいでしょう。

自分が前に進んでいることが実感できれば時間の無駄とは考えません。

たとえば建設業の現場作業はつらいものです。

しかしがんばって続ければ建築のいろんな技術や知識が手に入ります。

がんばればできなかったことができるようになってくるので、つらいこともがんばれるのです。

一方で成長がなく、10年後も何もできるようにならないとわかっている業務は時間の無駄と感じるのです。

部署異動する

仕事が時間の無駄とおもうのであれば部署異動を願い出ましょう。

仕事がつまらないと感じているときは今の仕事にとことん飽きている場合です。

しかし部署が変わるとする業務もガラリとかわります。

そのため新しい気持ちで仕事に取り組むことができます。

慣れない仕事をすると覚えるとがいっぱいあるので、時間の無駄とは考えなくなります。

副業する

会社の仕事が時間の無駄なのであれば、本業とは別の仕事をしましょう。

どんな副業をするかは自分で選択できるので、自分に向いていることや好きなことをすることができます。

自分がしたいことをするため時間の無駄と思うことはないでしょう。

しかも副業は今の仕事を辞めなくてもすることができます。

そしてお金ももらえるので本業にやる気がないならぜひやるべきです。

うまくいけば本業を上回るお金が手に入るかもしれません。

そうすると時間の無駄だとおもう今の仕事を辞められるかもしれません。

フリーランスになる

自分に資格や技術がある場合は、辞めて独立するのもありです。

サラリーマンは雇われているので仕事を選ぶことができません。

そのため時間が無駄だと感じる仕事だとしてもしないといけません。

しかしフリーランスは自分で仕事をとってくることになります。

そのため無駄だとおもうことはしなくていいのです。

自分で決めた仕事をするので時間の無駄とおもうことは一切なくなります。

転職する

今の仕事が時間の無駄と感じるのであれば仕事を辞めて転職しましょう。

世の中にはあなたが経験していない仕事がたくさんあります。

あなたの性格や能力にピッタリの会社もいっぱいあることでしょう。

もしもあなたの希望通りの職業につけたら、あなたは「仕事をするのは時間の無駄」だと考えなくなるでしょう。

なぜなら自分がやりたくない仕事をやらされている場合に時間の無駄と感じるからです。

ですので今の仕事を続けるのに精神的につらい場合は転職するのがおすすめです。

転職してもっと条件がよく希望通りの働きかたを手に入れましょう。

まとめ

笑顔で男性に話しかけるスーツの女性

仕事が時間の無駄と考えて辞めたくなるときは仕事がつまらないときです。

生産性がなく同じことの繰り返しで、何のために働いているのかわからなくなります。

そんなときはまず自分が「何のために働いているのか」を考えましょう。

働く理由がきちんとあれば時間の無駄とはおもわなくなります。

どうしても環境や状況を変えたいのであれば行動しましょう。

部署異動の希望を出したり、副業をして働く環境にアクセントをつけると良いです。

それでも時間の無駄だと感じたらおもいきってフリーランスになるか転職すると人生が変わります。

あなたにマッチした働き方や環境が見つかると「仕事は時間の無駄」とは考えなくなるでしょう。