職場の人間関係は女性がもっとも怖い!こじれると修復不可能になることも!

仕事

職場の人間関係で女性が怖いな~と思っていませんか?

昔から男性の職場よりも女性の職場のほうが人間関係のトラブルが多いといわれています。

私も女性ばかりの職場がありましたが怖くて逃げていました。

しかし時間がたつにつれて女性の考えや特徴がわかるようになり上手く人間関係を築けるようになりました。

この記事では「なぜ職場の女性との人間関係が怖いのか」と「職場の女性との人間関係を良くする方法」を紹介します。

読み終えると職場の人間関係で女性に対しても優しくなれますよ。

スポンサーリンク

なぜ職場の女性との人間関係は怖いのか?

広いオフィスでパソコンを打つ女性たち

職場には女性も男性もいる職場がほとんどだと思います。

それではなぜ女性の人間関係だけが怖いと思われてしまうのでしょうか?

派閥が作られる

女性が複数人集まれば、必ず派閥やグループを作るといわれています。

これは古代から女性は男性に比べて力が弱いため、グループを作ることにより身を守ってきたためといわれています。

つまり本能的なものなので女性同士では普通のことです。

しかし派閥というのはひとつにはまとまらず、対立した関係のグループが複数存在することをいいます。

そのためグループ間で考えが違うと争うことになってしまうのでやっかいなのです。

嫉妬心が強い

女性は男性に比べて嫉妬心が強いといわれています。

なぜなら女性は不安を感じやすく、常に相手より優位にたってないと不安が拭えなくなるためです。

ですので女性同士でも相手の家の大きさや家族などあらゆる情報でマウンティングの取り合いになりがちです。

「幸せそうでいいですね~」と言いながら心の中は「クッソ~!」と思っているのです。

人のウワサ好き

女性は嫉妬心が強く、誰かと比較して自分が優位かどうかが心の安定につながります。

そのため人の話やウワサを詳しく知りたいと思っています。

人の情報が詳しくわかるとその人がどんな人なのかがわかるので自分と比較ができるからです。

だから誰かの会話で少しでも人の名前が聞こえるとすぐに話に入ってきます。

そして根掘り葉掘り聞いては情報を自分の中に落とし込みます。

しかしあくまでウワサなので真実とは違うことが多く、女性間では知らぬ間に好かれたり嫌われたりしていることが多くなります。

そのために知らぬ間に嫌われてるということがおきてしまうため怖いのです。

【関連記事】
>>職場で雑談がうるさいときの対策6選!おしゃべり好きの特徴とは?

好き嫌いで判断する

女性は全てのものを印象や好みで判断をします。

第一印象から見た目も悪く、好かれない性格であれば女性からの支持も最悪です。

だから自分もいいふうに思われるように見た目や印象を大事にします。

メイクやオシャレが好きな傾向があるのはそういう理由です。

そして一度女性から嫌われると好きになってもらうのはすごく難しいです。

なぜなら「嫌い」という判断を一度されてしまっているので、判決を覆すぐらいのインパクトが必要だからです。

だから女性から嫌われると怖くなってしまうのです。

【関連記事】
>>男女で買い物の仕方がこんなに違う?違いを理解し買い物上手に!

共感されるのが好き

女性は本能的にコミュニケーションを大事にします。

古代の生活では男は狩りに出て女は村単位で固まって内職をしていました。

その女だけのコミュニティで子供を守っていたため、女同士の情報や話はとても重要でした。

村でハブられれば子供にも危害がおよび、子供を守っていけなくなるからです。

争いをなくすためにも他の人に同調し、考えが同じだと思われることが大事です。

そのため女性は自分の話や気持ちに共感してくれる人は味方だと感じ、安心するのです。

しかし、反対意見を言ったりする人は敵と感じるため、共感が少ない人は敵とおもうようになります。

男性からすれば意見を言ったりしたいですが、それは女性からしたら「共感してくれない。話を聞いてくれない。嫌い。」となってしまいます。

ですので女性は怖いと感じてしまうのです。

職場の女性との人間関係を良くする方法

パソコンを入力しながら隣の男性と話す女性

女性の特徴を理解してくると、どうすれば女性との人間関係を良くする方法がわかります。

今、関係がよくない人も冷静になり以下のような対処をして関係修復につとめましょう。

自慢をしない

女性は嫉妬深い生き物です。

たとえば相手の女性が既婚者かどうか、夫の収入、家の大きさなどあらゆることで自分のスペックと比較して考えます。

そして相手が自分より上回っていると嫉妬します。

相手をうらやましくおもい、足を引っ張る行為や嫌いである態度をとってしまいます。

ですので女性と人間関係を良く保つには自慢話はしないようにしましょう。

自慢するということは優位に立ってることを伝えるのと同じなので、嫉妬される原因になります

プライベートをひけらかさない

プライベートな話をしすぎるとやっかみの対象になることがあります。

なぜならプライベートな話は嫉妬や悪口になってしまう可能性があるからです。

女性は何がやっかみのポイントになるかがわかりません。

そのためいろんなことをしゃべってしまうと何が相手にとって嫌な話なのか?どこが自慢しているみたいに思われたのかがわからなくなります。

ですのでとにかくあまり自分の話をしすぎないようにしましょう。

【関連記事】
>>職場でプライベートな話する?あまり自分の話をしたくない人へ。

悪口に同調しない

女性は自分の考えに共感してくれたり、同じ考えのグループであることを喜びます。

そのため会話の中で共感を得ようと質問をしてきます。

たとえば「〇〇さんってちょっと嫌な感じじゃない?」というような質問です。

こういう聞き方をされると相づちのように「うんうん」と聞き流してしまいがちです。

しかしうなづいてしまうとあなたも〇〇さんの文句を一緒に言っていたことにされてしまいます

あなたは文句を言ったつもりはなくても〇〇さんから嫌われてしまうことになるので、うっかり悪口の同調に乗らないように注意しましょう。

トラブルメーカーの女性と距離をとる

職場には必ず危険だと思われている女性がいます。

危険な女性とは人の悪口がヒドかったり、ウワサ話が大好きな人です。

そういう女性はすでに職場の人に認識されているはずです。

仲良くしていると会社からの評価が下がったり、周りから良くない目で見られるのでトラブルメーカーの女性とは距離をおきましょう。

また悪口がヒドいと自分も影では何を言われてるかわかりませんし、敵を増やすだけです。

会社からマークされているということは過去に何かしらトラブルがあったはずなので、危うきに近寄らずです。

【関連記事】
>>職場の嫌いな人は無視する?してもいい理由と上手に無視する方法

期待されないようにする

職場の女性にあまり期待されると、何もしていないのに評価が下がります。

元々何もしない人だと何もしなくても同じですが、いつも手伝ってくれる人が一度手伝わなかっただけで「あの人は何もしてくれない人」という評価に変わってしまいます。

そうならないためにもはじめから過度な期待はされないように期待値コントロールしましょう。

そのため職場で特定の女性を助けすぎたりすることは控えるほうがいいでしょう。

平等にふるまう

職場の女性の人間関係は怖いです。

なぜなら女性に対しては平等にふるまわないと嫌われてしまう可能性があるからです。

旅行に行ったときのお土産も必ず平等に配るようにしましょう。

「あの人はもらって、わたしはもらってない!なんで?いつも良くしてあげているのに!」と心で思っている人が必ずいます。

あなたがおみやげを適当に配ってしまうと、知らぬ間に嫌われているということになりかねません。

とくに女性に対しては何事も不公平のないようにふるまうことが人間関係をよくするコツです

必ず挨拶はする

職場では全員に必ず挨拶をしましょう。

職場での挨拶はとても重要です。

たとえば特定の人だけ挨拶をしなかった場合、あなたはその人からよく思われないでしょう。

たとえあなたがその人のことを嫌いだったとしても挨拶だけはしておいた方が無難です。

向こうはあなたの事を嫌いじゃないかもしれない場合、挨拶をしないだけであなたは嫌われてしまいます。

そして向こうもあなたの事を嫌いだったとしても、挨拶だけでもしておけば「嫌いだけどいつも挨拶はしてくれるな。私にも悪いところがあったのかもしれない。」と少し思いなおしてくれるかも知れません。

【関連記事】
>>なぜ職場で挨拶しない人がいるのか?挨拶しない人への対処法6選!

話をきちんと聞く

女性は男性より3倍しゃべるというデータがあるくらいよくしゃべります。

ですが適当に聞き流しているとすごく嫌われることになります。

なぜなら女性が話をしているのは話を聞いて欲しいからです。

女性は意見や悩みの答えを知りたいのではなく、話をよく聞いて理解した上で共感したり、同調して欲しいと思っているのです。

そのためよく聞いていないとあなたはその人に嫌われてしまいます。

とくに話を途中でさえぎったり、女の人の会話中の質問に答えられないとあなたの評価は下がり、嫌われることになります。

「職場の女性との人間関係」まとめ

人種の違う4人の女性が立って並んでいるところ

職場の女性の人間関係は怖いです。

しかし特徴をよくとらえることで解決策が見えてきます。

自慢や嫌味なことを言わず、相手の話を良く聞くようにすると防げるトラブルが多いです

しかし相手により何が自慢や嫌味になるのかがわからないので、常に相手の気持ちをくみ取って行動することが求められます。

人間関係は非常に重要なので、職場の女性を怖いと思わずにいかにして良好な関係を保てるかを考えるのも仕事のうちと言えるかもしれません。