職場の孤立はどうでもいい思うのが得!割り切る方法とメリット!

ビルの窓から高層ビルを見る男仕事

職場の孤立はどうでもいいと割り切れてますか?

実はこの記事で紹介する方法や考え方を取り入れると本当にどうでもいいと思えます。

なぜなら会社員を20年続けている私も職場の孤独なんてどうでもいいと思えてるからです

この記事では孤独はどうでもいいと割り切る方法とどうでもいいと考えるメリットを紹介します。

読み終えると職場で孤立していることに一切悩まなくなりますよ。

スポンサーリンク

職場の孤立はどうでもいいと割り切る方法

コーヒーを片手にパソコンをする女性

職場の孤立で悩んでいる人は割り切れるようにしましょう。

そのほうが人間関係に飛び込むよりよっぽど簡単です。

ですので割り切るための方法を次に紹介します。

プライベートを充実させる

職場の孤立を割り切るためにはプライベートを充実させることが重要です。

仕事以外の時間が充実していれば仕事上の人間関係はどうでもよくなります。

仕事さえしっかりしておけば問題ありません。

孤立していても仕事をしていれば給料はもらえます。

副業をする

副業をすると本業の仕事のことだけを考えていればいいわけではありません。

そのため本業で孤立していたとしても副業がうまくいっていれば気にならなくなります。

特に副業が自営業であれば孤独とのたたかいです。

本業の孤独とはくらべものにならないくらいの孤独なので職場の孤独は何も感じなくなります。

習い事をする

習い事をすると会社以外で社会との接点を持つことができます。

ですので会社で孤立していてもどうでもよくなります。

もし職場と家の往復だけしていたら、職場が唯一の社会との接点になるので孤立がどうでもいいとはおもえません。

ですので習い事をして会社以外での学びをルーチン化するのがおすすめです。

会社に評価される

職場で孤独だとしても会社から自分の能力を評価されていれば問題ありません。

会社は仲良しの仲間を探しにきているのではなく、お金を稼ぎにきているからです。

評価されて、評価に応じた賃金をもらえると孤独かどうかはどうでもよくなります。

そのため仕事は一生懸命して、会社から評価されている場合は孤独は気にしなくてもいいでしょう。

お金を貯める

職場で孤独になると仕事をしにくかったり、続けにくかったりすることがあるとおもいます。

しかしある程度お金をためていると仕事つづけられるかどうかの不安もなくなってきます

「いつ仕事をやめてもいい」「転職する気もあるし、転職できるとおもっている」という気持ちで仕事をしていれば多少の孤独もどうでもよくなってきます。

その上孤独だと遊びにもあまり誘われないので貯金する絶好のチャンスです。

チャンスをいかし、お金をためることで孤独でもどうでもいいとおもえるようになりましょう。

職場の孤立はどうでもいいと思うメリット

朝方の海で両手を広げる男性

職場で孤立したほうがいいことがたくさんあります。

孤立なんてどうでもいいと思える考え方を持つことができれば、職場で生き生きできます。

ですので次に孤立がどうでもいいと思うメリットを紹介します。

仕事に集中できる

職場で孤独だと仕事に集中できます。

誰も話しかけてこないので自分のペースで仕事ができるからです。

たとえば職場で仲のいい人が多ければ、仕事をしていても話しかけられる回数が多いので仕事を中断せざるを得ません。

そうなると仕事のスピードも遅くなりますし、仕事を中断されることで集中力も落ちてしまいます。

人間関係に巻き込まれない

複数の人間が毎日顔をつきあわせていると何かしらのトラブルがあったり、不仲の人たちが必ずいます。

運悪く席が近かったり、コミュニティが一緒だと「○○さんのことどうおもう?」「○○さんがこの前、仕事をさぼっていた。最悪じゃない?」と同意や意見を求められます。

そういうときに返事をすると人間関係のトラブルに巻き込まれることになります。

しかし職場で孤独だとそういう心配はありません。

無駄な雑談がないので定時で帰りやすい

職場で孤立していると雑談することもありません。

ですので自分の仕事の進め方次第で早めに切り上げて、定時で帰ることも可能です。

しかし、職場で仲のいい人が多いと仕事が終わっても雑談していて中々帰れません。

「早く帰りたいのにな~」と思っていても話しかけている人の話を無理やり中断することはできないので、いつも終業後に話しかけてくる人のせいで帰りが遅くなっている人も多くいます。

ですので自分のさじ加減で帰ることができるというのは大きなメリットです。

飲み会に誘われない

職場で孤独がどうでもいいと考えている人は飲み会にも呼ばれることがありません。

そのため飲み会が嫌いな人にとっては大きなメリットです。

終業時間が過ぎてもそのあと何時間も会社の人と話をするのはつらいものです。

しかしそもそも誘われないと断る苦痛もないので好都合です。

その分プライベートな時間を十分満喫することができます。

仕事とプライベートを分けられる

仕事とプライベートをはっきり分けたい人にとっては職場での孤独は大きなメリットです。

仕事中に話しかけられることもありませんし、終業後や休みに遊びにさそわれることもありません。

そのためきっちり仕事の時間は仕事をし、プライベートな時間に仕事の人から連絡があることも少ないです。

ですので孤独がどうでもいいと割り切れる人は仕事とプライベートの線引きがはっきりしています。

職場の孤立はどうでもいいと思えないときは

木製のテーブルに寄りかかる男性

それでも職場の孤立がどうでもいいと思えない人は孤立しないように行動しましょう。

少しの行動で簡単に孤立しないようにできます。

次に紹介する方法をためすと職場の人と上手くやれます。

話しかけられたらキチンと対応する

職場で孤立しすぎることを避けたい人は、話しかけてくる人にきちんと対応しましょう。

仕事が忙しいといって無視していたり、嫌な顔をしているとどんどん孤独になっていきます。

自分から話しかけるのは難しいと感じている人は、せめて話しかけてくれたひとに丁寧に対応しましょう。
そうするとそのあとも何度もその人は話かけてくれるようになります。

プライベートな話をする

職場で孤独がどうでもいいと思えない人はプライベートな話を職場でしてみましょう。

孤独になってしまうのは「何も話さない人」「つまらない人」と周りから思われているからです。

何か話題を提供してくれる人になると自然と周りに人が集まります。

ただし職場なので性的な話とか政治的な偏りのある話にならないようには注意しましょう。

昼ごはんを誰かと一緒に食べる

職場で昼ごはんをいつも一人で食べていると孤独になりがちになります。

なぜなら職場の人からすると「一人でいたい人なんだな」とおもってしまうからです。

ですので孤独が嫌なのであれば昼ごはんを食べている輪に入りましょう。

まずは同じ部署や席が近い人に声をかけると誘いやすいかもしれません。

昼ごはんを一緒に食べることが自然になるとお昼休み以外も孤独になることはありません。

会社のイベントには積極的に参加する

会社のイベントや飲み会をいつも断っていると孤独になってしまいます。

ですので孤独になりたくないのであれば会社のイベントには積極的に参加しましょう。

なにもすべてのイベントに参加する必要はありません。

自分でも少し行ってみたいと思えるイベントだけに参加すれば、仕事以外で話が出来る人が自然と増えてきます。

まとめ

大勢の赤い人型のピンと一つの人型の黒いピン

職場で孤立していても「どうでもいい」と割り切れば気にならなくなります。

孤立するメリットもたくさんあるので、仕事をきちんとして、会社に評価されていれば問題ありません。

しかし孤立しすぎると昇進や会社の評価に悪影響を及ぼすこともあるので、多少はコミュニケーションをとったほうがいいかもしれません。

ですので孤立がどうでもいいとおもいつつも、少しは職場の人と会話があると一番心地よく仕事ができるでしょう。

スポンサーリンク
仕事
Street-Smarter