職場の冷たい人との付き合い方4選。コツはほどよい距離感でいること

暗いところにいる男性仕事

「態度が冷たい人が職場にいるけどどう付き合えばいい?」

「仕事で冷たい人と話す必要があるけどどう接すればいい?」

職場に冷たい人がいるとなんか嫌ですよね。

私が働いてきた職場でも何人もいました(笑

若いころはどう接すればいいのか、なんて声をかければいいのか迷っていましたが、今では気にならなくなりました。

職場の他のひとが優しかったのもありますが、どれくらいの距離感で付き合えばいいのかがわかってきたことも大きいです。

今回は「冷たい人とどう付き合えばいいのか」をご紹介します。

この記事を読むと職場の冷たい人への対処法がわかるようになります

まずはどういうときに冷たいと感じるのかと冷たい人の特徴を知り、対処法を考えていきましょう。

スポンサーリンク

職場の冷たい人がする6つの行動

足を組んでノートパソコンを操作する男性

冷たい人は無視しがち

職場で明らかに無視されているときは冷たい相手だと感じます。

あいさつをしても無視されると怒りさえ覚えます。

また何かを尋ねても聞こえてないような素振りをされてとても腹が立ちます。

度が過ぎて、仕事に関連することで無視されるときは業務上問題があるので、上司に相談しましょう。

冷たい人は返事しかしない

無視まではいかないが、何かを聞いても「はい、いいえ」の返事しかしないのも冷たいひとです。

私:「この前あれ面白かったよね?」
A:「うん」
私:「ほんとうに見たあれ?」
A:「うん」
私:「・・・・」

たとえばこんな感じで返事だけされたら冷たい人だなとおもいます。

私:「掃除やってくれた?」
A:「やっていません。」
私:「じゃあコーヒーは出してくれた?」
A:「だしていません。」
私:「・・・・・」

普通はなぜやっていないのか?いつまでにやるのか?何か理由や話が続くものです。

しかし、冷たい人は返事だけしかしないことが多いのでとても冷たく感じます。

冷たい人の用件は必ずメール

話せばすぐすむことでも必ずメールで用件が来る人がいます。

職場が同じなので直接話すか電話すればいいのにといつも思います

メールは相手の時間を邪魔しませんし、記録にも残るので便利なツールだというのは理解しています。

しかし、話せばすむことは話す方がお互いのレスポンスが早いのですぐにすみます。

特に同じ事務所で顔が見えている場合はメールばかりで話をされるとより冷たく感じます

冷たい人は態度が悪い

何かにつけて態度が悪い人がいます。

話かけても乱暴な返事で表情が怒っているように見えます。

また逆に話かけてきても、こちらと話したくないような態度です。

たとえば足をを組んだままだったり、パソコンを打ちながら返事をしたりされると「本当に人の気持ちがわからない人だな」と思います。

普通、人が話しているときは正しい姿勢で聞くべきです。

冷たい人は話しているときに目が合わない

こちらが話しているのにまったく目を合わせない人がいます。

何か目が合わずに外や違うところを見ています。

また、ずっと下などを向いていて話を聞いていない人もいます。

一生懸命話しているのに話を真剣に聞かない人は本当に冷たい人だと思います。

冷たい人は誘ってもすべて断られる

お昼の食事に誘っても、お弁当に誘っても断られます。

何か用事があるのかと思いきや1人で弁当を食べていたりします。

1人で食べたい時もあるのはわかりますが、たまには誰かと一緒に食事するのもいいんじゃないかと思います。

何を誘っても断る人はとても冷たい人だと思います。

誘うのも勇気がいるので断られる側の気持ちもわかって欲しいです。

職場の冷たい人の特徴4つ

緑のフードを深く被る男性

冷たい人は常に寡黙

何をしているときも黙っています。

仕事をしている時はもちろんのこと、職場のみんなで談笑しているときもじっと黙っています。

あまりに話をしないのでまわりからは「何を考えているかわからない」と言われています。

たとえ話しかけたとしてもあまり話してくれないのが特徴です。

冷たい人は声が小さい

冷たい人は声が小さいです。仕事ときの声は普通でも、普段の声はめちゃめちゃ小さくて聞き取りにくいです。

何か話してくれたときも声が小さいので、「あまり話をしたくないのかな?」と感じます。

小さい声でボソボソ話し、声が小さいのが特徴です。

冷たい人は笑顔がない

冷たい人は笑顔がない人が多いです。

話は普通にしてくれるものの、こちらの話には全く笑ってくれません

こちらが面白い話をしているのに真顔なのが特徴です。

愛想笑いでいいからにこやかにしてくれないと、話しているこちらが心苦しくなります。

冷たい人は必要なこと以外は話さない

冷たい人は仕事や業務上必要なこと以外は話しません。

話はしてくれるものの必要最低限しか話さないため、素性がまったくわかりません。

また、あまりプライベートな話もしてくれないため冷たい印象はずっと変わりません。

話かけても会話が続かず苦労します。

職場の冷たい人と接するときの対処法4選

ノートパソコンを開いて打ち合わせしている様子

業務上の会話以外は話さない

冷たい人とは業務のこと以外は話さなくていいかもしれません。

職場は仕事をするところなので業務上のやりとりは必要です。

しかし、冷たい人と話すのがつらいときは最低限のやりとりにとどめたほうが懸命です。

楽しく会話できることが一番ですが、性格上のこともあるので無理は禁物です。

あなたもしんどいかもしれませんが、相手も無理に性格を変えるのはしんどいものです。

ですので、業務に問題がなければそっとしておきましょう。

常に敬語で接する

冷たい人と普通に話すのはつらいので、後輩でも同期でも常に敬語で接しましょう。

敬語はある意味、距離のある言葉です。

同僚もお客様とやり取りするように常に敬語で接すると気にならなくなるでしょう。

冷たい客にも態度が悪い客にも一定距離を保って敬語を使うように、冷たい同僚にも敬語で淡々と話すと冷たさは気にならなくなります。

めげずに普通に話しかける

冷たい人に改善してほしい場合は、めげずに話しかけましょう。

あなたから元気に挨拶したり話しかけたりを心がけましょう。

あなたが冷たく感じるので離を置いて待っているのではないでしょうか?

もしそうであれば余計に関係が冷え込んでしまいます。

相手もあなたに遠ざけられていることを感じ、あなたの事を冷たいと思っているかもしれません。

何気ない話でもいいので根気強く話せばだんだんわかりあえてくることもあります。

冷たくなった原因を取り除く

相手が突然冷たくなった場合は何か原因があるかもしれません。

よく思い出してなにか原因がないか考えましょう

  • 相手に対して嫌なことを言っていないか?
  • メールでの言い方や送り先の間違いなどをしてしまっている
  • 相手が勘違いしてしまうような行動をとってしまった

相手が怒るときは嫌なことを言われたか、嫌な行動をとられたということが多いです。

心当たりがあればまずは相手に謝り、言動を改めましょう

まとめ

立食パーティーを離れて見る様子

冷たい人は基本的に話さなければ問題ありません。

業務上やりとりをする必要がある場合は、会話を必要最低限にとどめるとストレスが軽減されます

しかし、急に冷たくなった場合は、何か原因があるので素直に謝りましょう。

また、冷たい人に興味があり、話しかけたい人はめげずに何気ない会話でいいので毎日話すようにしてください。

冷たいと思われている人でも案外さみしく思っているものです。

仕事に関係なければ話さなければいいですが、同じ職場や部署だと話す必要があります。

スポンサーリンク
仕事
Street-Smarter