自己分析は嫌だけど必要?気持ち悪いと感じる理由と解決方法

頭を抱えて悩んでいるメガネの男性
※アフィリエイト広告を利用しています
  • 「自己分析するとなんか気分が気持ち悪くなってくる」
  • 「自分のことを考えるのが嫌になってくる」

そんな人はいませんか?

人のことは色々言いたいけど、いざ自分のことになると考えるのも嫌になりますよね。

私もそうです。

なんか自分の嫌な部分ばかりが強調されるみたいで気分が悪くなります

でも自分を改善したり、今よりもよくなろうと思ったら自己分析は欠かせません。

しかし私は自分ではどうしてもできませんでした。

そこで私は自分ですることをあきらめて、自分以外の人に聞いたり、ツールなどを使って自己分析しました。

そうすると自分ではあまり深く考えなくても自己分析できるので、気持ち悪くなることはなくなりました。

だから今回は「自己分析をすると気持ち悪くなる理由」「自己分析しても気持ち悪くならない方法」をご紹介します。

読むと気持ちよく自己分析できるようになりますよ。

スポンサーリンク

気持ち悪いと感じる理由

自己分析に対する不安があるから

大きめの青シャツで腕組みしてこちらを見つめる白人の女性

自己分析すると気持ち悪くなる人は自分のことを考えるのが嫌な人です。

自分のことが好きではないから、自分のことを考えるのが嫌になるのです。

つまり自分と向き合うのが怖くなってしまっているのです。

だから学校や就職活動で自己分析しなければいけない時間は苦痛です。

自己分析するとストレスがたまるから

悔しそうな顔で電話をしながら怒っている女性

自己分析というのは答えがありません。

数学みたいに1+1=2みたいにはっきりと正解がありません。

自分で考えて、自分で勝手に答えを作るのです。

だから物事をはっきりさせたい人や自分に自信がない人は、自分のことを分析するときにストレスがたまるのです。

優柔不断な人の場合は考えがころころ変わるので、その都度自己分析の結果も変わります。

そうなると、なにが自己分析の結果で正しいものが何かがわからなくなってきます。

だからわからないことはなにか気持ち悪くてストレスがたまるのです。

自分で自分のことを知りたくないから

両手でバツ印をしている黒人の男性

自分で自分のことを知りたくない人はたくさんいます。

なにせ自分のことが丸裸になるからです。

この世に完璧な人間はいないと言われます。

つまりどんな人間でも欠点や嫌なところがあるのです。

普段の生活ではあまり意識していなくても、自分の嫌なところを知ることになるのです。

自分の嫌なところを知って喜ぶ人はいません。

だから自分のことを知ると気持ち悪くなるのです。

自己分析してもわからないことが多いから

鏡の前で自分自身を見失っている男性

自己分析をしてもよくわからないことがたくさんあります。

たとえば協調性が10段階中6の場合は、自分はどういう人間なのかわかりません。

協調性があるのかないのか中途半端なので、結局どうすればいいのかも不明です。

また自己顕示欲や共感性羞恥など言葉の意味がよくわからないこともあります。

言葉の意味がわからない分析結果は、何をどう見ればいいのかわかりません。

結果、意味がわからなすぎて気持ち悪く感じるのです。

スポンサーリンク

自己分析で気持ち悪くならない方法とは

自分のいいところだけを考える

手でグッドポーズをしている赤いTシャツの男性

自己分析で気持ち悪くなる人は自分のいいところだけを考えるのがおすすめです。

ほめられて悪い気がする人がいないように、自分のいいところを考えるのは気持ちのいいものです

また自分が得意なことや強みを考えると自信が湧いてきます。

自分が自信がある能力や性格のよいところを書き出していけば、立派な自己分析になります。

苦手なことはその得意なことの逆のことなので、考えなくても書き出していけるはずです。

そうすると自分の嫌なことを考えずに事務的に自己分析することができます。

自己分析をただの作業だと考える

書類が置かれた机でパソコン作業をしている人

自己分析をただ自分の嫌なことを思い出すだけの作業と考えると気持ち悪くなります。

だからなぜ自己分析するべきなのかということをまずは考えましょう。

やるべきことだと考えると仕事や作業として淡々とこなることができます

たとえば銀行員はお金をたくさん数えますが、それは自分のお金ではありません。

ただの仕事だと考えているから、動揺せずに黙々と数えることができるのです。

もし自分のお金だと考えたら手が震えて大量のお金の前では冷静でいられないはずです。

だから自己分析も自分のことだと考えずに淡々と行えば冷静に行えます。

過去の経験や思い出だけを書く

スマホやパソコン画面をみて何かを書き起こそうとしている人

自己分析で気持ち悪くなってしまう人は、物事を深く考えてしまう人です。

だから自己分析しているとは考えずに、自分の思い出を思い出しましょう。

友達や家族と話をするときに、思い出話をすることは多いでしょう。

そういうノリで自分の過去の経験や思い出だけを書き出していくのです

コツはただ書き出せばいいのではなく、自分の判断が伴う出来事を書き出していくのです。

判断を伴う過去の出来事の例
  • 大学と専門学校で、結局専門学校を選んだ
  • いろんな部活の中で卓球部を選んだ
  • 就職先の選択で初めて親に反発した

出来事を思い出して書くだけならすぐにでもできるはずです。

そしてそれだけで自分の性格や考え方が簡単にわかるのです。

家族や友達に自分のことを聞く

家族全員が整列している家族写真

自己分析は自分のことを考えるから嫌になるのです。

でも自分のことを考えずにやるやり方は簡単です。

家族や友達に自分のことを聞いて書けばいいのです。

しかも家族や友達は自分で自己分析するよりもより的確です

だから自分で自己分析をせずに、人に聞く方が確実です。

何せ家族なんか赤ちゃんのときからずっとあなたを客観的に見ているので、あなたがどんな判断をして、どんな考え方なのか手に取るようにわかります。

だからこの方法はとてもおすすめです。

しかも自分で考えなくていいので気持ち悪くはなりません。

ツールやアプリを利用する

長い袖のトレーナーをきてスマホを操作する手元

自分で考えるのも嫌だし、人にも聞きたくないという人は手っ取り早くツールやアプリを利用しましょう。

WEBツールやアプリでたくさん自己分析ツールはあります。

自分の好きなものを選んでやってみるといいでしょう。

とにかく自己分析で気分が悪くなってしまう人は、質問形式の自己分析が良いです。

なぜなら回答の自由度が高すぎるツールだと、また自分のことをたくさん考えなくてはいけないからです。

質問形式なら質問されたことに素直に答えていくだけで分析が完成するから、楽です。

ちなみに私のおすすめはミイダスというアプリです。

質問になんとなく答えていくだけで、様々な分析を行ってくれます。

もちろん無料なので自己分析するのが苦手なかたは利用してみてください。

まとめ

レンガの前で座ってほほえむメガネの男性

自己分析が苦手な人は、自分のことを深く考えない方法探しましょう

深く考えすぎてしまうと、自分の嫌なことが思い出されて気持ち悪くなってしまうのです。

だから自分のいいことだけを思い出しながらするとうまくいくでしょう。

自分のいいところすら考えたくない人は家族や友人にしてもらうと確実です。

他人のほうが自分のことを意外によく知っているものです。

また誰にも頼りたくない人はツールやアプリを利用するのもおすすめです。

今はいろんな自己分析ツールがあるので、自分の好きなものを利用してみましょう。