ワーホリは時間の無駄なのか?ワーホリ経験者の考えはこうだ!

ジュースを作るアルバイトをする男性旅行

「ワーホリに行っても時間の無駄って聞くけどホント?」

私はワーホリで1年間カナダで生活をしていました。

そんな私はこう思います。

「ワーホリは時間の無駄で英語も身につかないです。」

ただしそれはワーホリにさえ行けば英語がペラペラになると思っている場合です。

だってワーホリに行くだけで英語が話せるようになるわけはないからです。

この記事では「なぜワーホリに行っても英語が話せるようにならないのか?」と「ワーホリに行っても時間の無駄にしないためには?」をご紹介します。

読み終えるとワーホリをもっと有効活用できるようになりますよ。

スポンサーリンク

ワーホリに行ってもなぜ英語が話せるようにならないのか?

外のテーブルで話すアジア人の男女

ワーホリに行っても時間の無駄と思う言う人が多いのは、ワーホリに行って英語が話せるようになった人が少ないからです。

ほとんどの人はワーホリに行けば英語がペラペラになるとおもっています。

しかし現実はそんなに甘くありません。

それではなぜワーホリに行っても英語が話せるようにならないのでしょうか?

日本人ばかりと話してしまうから

ワーホリに行っても英語が話せない理由のダントツ1位は日本人とばかり話しているからです。

日本にいるとわかりませんが、実は海外に日本人はたくさんいます。

もっというとワーホリでいける英語圏の国は日本人だらけです。

たとえば語学学校に行くと必ず同じクラスにたくさんの日本人がいます。

働く所も日本人が働ける場所はだいたい決まっているので日本人がたくさんいます。

あなたはこの状況で日本語を話さずに生活できますか?

ほぼ100%できないので海外で日本語ばかりの生活を送ることになります。

そのため英語が話せるようになることはないのです。

難しい英語を話さずに生活できてしまうから

ワーホリに行けば「英語を話さないと生活できない」と思っているかも知れませんがそもそもそれが間違いです。

海外では日本語だけで生活可能です。

しかもワーホリで行ける国であれば簡単に日本語だけで生活できます。

もし周りに英語がわかる人しかいなかったとしてもそんなに難しい英語を話す必要もありません。

人は食べて寝てるだけで生活できますから。

つまりスーパーで買い物をすることしかしないので英語を使わないのです。

そのため「英語を話そう」と意識しないで生活していると英語をあまり話さない生活になってしまうから英語が話せないのです。

外国の友達を作るのが難しいから

ワーホリに行く前は「語学学校で勉強しながら、夜は英語環境で働き、休みの日には外国人の友達と遊びに行っている」と考えてました。

しかしみなさんよく考えてください。

大人になってから新しい友達って何人できました?

日本語が話せる状況でも友達をつくるってすごく難しいんです。

英語の会話で友達を作るのはより難しくなります。

しかも友達っていうのはこちらが一方的になりたくてなれるものではないので、英語が話せるだけでは簡単に作れないのです。

英語の勉強をサボってしまうから

ワーホリに行く前は誰しも「1年間英語を勉強しまくるぞ!」と思っています。

しかし実際に行くと誘惑が多くて遊びほうけてしまいます。

なぜなら海外にはたくさんの素晴らしい景色や楽しいものがあるからです。

日本と何もかも違うのでなんでも楽しく感じてしまい、勉強そっちのけで遊んでしまいます。

そのため1年が終わるころには「ただ観光していただけ」という状態になり、英語が話せないのです。

たった1年で終わってしまうから

ワーキングホリデービザは1年と決まっています。

1年というのはあっという間に過ぎてしまいます。

あなたはこの1年間で特殊な能力を身につけましたか?

きっと1年前を想像するとついさっきのことに感じるでしょう。

実は1年で一生使えるような特殊な能力を身につけることは難しいのです。

そのため1年間だけがんばってもそれほどペラペラになるほど英語は身につかないのです。

ワーホリを時間の無駄にしないためには?

いろんな人種の立食パーティーに参加している

ワーホリの目的はほとんどの人が「英語を身につける」ことです。

しかしほとんどの人が英語を身につけることができずに帰ってきます。

それでは英語が話せるようになり、ワーホリを時間の無駄にしないためにはどのようにすべきなのでしょうか?

ワーホリに行く前から英語の勉強をする

ワーホリの1年間を無駄な時間にしないためには日本である程度英語を身につけておくのが重要です。

英語が話せる状態で海外に行くとあらゆる可能性が広がるからです。

英語ができると英語を使う仕事につけるかもしれませんし、外国人の友達もできるかもしれません。

つまりワーホリで英語を身につけようとしたら「英語が身についている状態」でいかなければ効果を発揮できないのです。

ワーホリで英語を身につけたいと考えている人からすれば矛盾しているようですが本当のことです。

ワーホリで手に入るあらゆる経験、実は英語が話せないと手に入りにくいものばかりです。

だからワーホリを有効活用するには以下の順番が適切です。

①日本で英語を勉強する

②オンライン英会話やチューターで外国人と話せるようになる

③ワーホリに行き仕事を見つける

日本人がいない所へ行く

ワーホリで英語力UPを目指すには日本人がいないところにいく必要があります。

いくら英語の勉強をがんばっていても、日本語を話す時間が多くなるにつれて英語力が落ちていきます。

「日本人がいても日本語で話さなければいい」と考えている人もいるかもしれませんが、おそらく無理でしょう。

日本人同士は英語で話すのを恥ずかしがりますし、異国の地で日本人と触れ合う機会があれば日本語で必ず話してしまいます。

ですのでもともと接触する機会が少ない状況を選択しましょう。

コツは英語での求人募集や英語でしか案内が出ていない語学学校を探しましょう

日本語でたどり着いてしまう働き口や学校は必ず多くの日本人がいます。

外国人の知り合いをつくる努力をする

すでにお伝えした通り、日本人同士でも友達や知り合いは簡単につくることはできません。

それと同様に英語が話せたとしても外国人の友達や知り合いも簡単に作れません。

しかし絶対に作る努力はすべきです。

知り合いを作ろうという姿勢や態度を感じれば外国人も相手をしてくれる可能性が高いです。

無理やりでも知り合いになれれば英語が必ず上達します。

またその中で本当の友達になれる人が出てくればラッキーです。

英語を話しているだけで満足しない

英語が少し話せて、周りに外国人の知り合いが増えてくるとそれだけで満足してしまいます。

その状態になれば日常的に英語が話せているので「英語を話せるようになる」という目的は達成しているからです。

しかし本当にそれでいいのでしょうか?

実はあなたの英語は実はすごくレベルが低く、周りの外国人の知り合いが理解しようと努力しているだけかもしれません。

ネイティブスピーカーというのはこちらがむちゃくちゃな英語でも理解してくれます。

外国人がつたない日本語で話しているのを私たちが理解しようとすれば理解できるのと同じです。

そのため毎回同じ人と話をしていても実は英語力が伸びないという問題があります。

そのため英語で生活ができているからといって慢心せず、常に英語がもっと上手くなるように英語の勉強は続けなければなりません。

そしていろんな人に話しかける努力を重ねることで英語力は伸びていきます。

英語以外の目的を作る

実はワーホリに行ったからといって必ず英語が話せるようにならないといけないわけではありません。

ワーホリに行く目的は英語の習得の人が大半ですが、それ以外の目的なら英語が身に付かなくても時間の無駄にはならないかもしれません。

例えば

・海外で生活することが目的
・ワーホリの国を拠点にして周辺国を旅行するのが目的
・海外の文化に触れることが目的
・海外で働くことが目的

こういう目的であれば達成できるので時間の無駄にはなりません。

やはり英語の習得を目的とした人達が達成できずに「時間の無駄だ」と言っていることが多いのです。

まとめ

勉強の本の上におかれたリンゴ

ワーホリだけで英語を習得しようとすると時間の無駄となります。

なぜならワーホリに行く前にある程度英語を話せるようになっておかないと、英語を使う仕事も見つからないし、外国人の友達もできないからです。

ですのでワーホリという制度を有意義につかうには英語をしっかり勉強してから、ワーホリビザを利用するべきです。

そしてしっかりと自分を英語漬けの環境に身をおくことが大切です。

もしくは英語の習得を目的としないときは、目標をしっかり達成すればワーホリも時間の無駄になりません。

どちらにせよワーホリに行く前にしっかりと計画をかけて、準備することがワーホリを成功させるカギになります。