旅行先で眠れない原因は?旅行先でもぐっすり寝られる方法10選!

寝られない女性旅行

旅行先で眠れなくなるとあせってますます眠れなくなってしまいます。

眠れる状態になるにはリラックスして、普段と同じ環境にすることが大事です。

しっかりと寝て体力を回復しておかないと旅行も楽しめなくなるでしょう。

今回は旅行中に眠れなくなる原因を理解し、眠れるようになる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

旅行先で眠れない原因

暗闇でフードをかぶり、睨みつける男性

頭と体が緊張しているため眠れない

旅行中は悩むことや考えることが多く、普段の生活より頭を使います。

しかも新しいことだらけなので刺激が強く、常に脳が緊張しています

また、歩き回ることも多いので体に疲れがたまりやすくなります

そのため宿に到着しても体の筋肉が張っていて、緊張状態が続いてしまいます。

何かの音が聞こえるため眠れない

就寝時に静かにしていても普段と違う音が聞こえてきます。

水の音だったり、空気清浄機の音だったり、小さな音も気になって眠れなくなります

また、隣の部屋や外からの音も気になってきて更に眠れなくなってきます。

体内時計の乱れているため眠れない

旅行中はいつもより早起きしたり、夜更かししたりするので規則正しい生活ができません

生活のリズムが狂ってしまい、寝る時間になっても体が休息モードになりません。

そのため就寝時間に目をつぶってもなかなか寝付けなくなります。

普段の明るさでは無いため眠れない

電気を消してベッドに入っても、ほんのり明かりがついていることがあります。

エアコンや電話、空気清浄機など、電子機器の電源がはいっていると緑や赤のランプがついています。

また、宿泊施設は真っ暗だと歩く人のために非常灯が点いているので消すことができなかったりします。

時差があるため眠れない

海外旅行だと時差があるため、体内時計が狂ってしまいます。

日本時間の夕方に寝ないといけなかったり、夜中に寝ないといけなかったりします。

どちらにせよ普段寝ている時間に寝れないため、寝ることが難しくなります。

普段より食べ過ぎているため眠れない

旅行中は食べたいのものが多くついつい食べ過ぎてしまいます。

そのため普段より間食が増え、胃袋を休めるヒマがありません。

胃腸を酷使するので、おなかの調子も悪くなり、横になっても寝れなくなります。

旅行先で眠れないときの対処法10選

クマのぬいぐるみを抱いて寝る子供

マイ枕やパジャマを持って行く

普段使用している枕やパジャマを旅行先にもっていきましょう。

いつもの就寝スタイルになることで、心が落ち着き、眠りにつきやすくなります。

寝る前にスマホをいじらない

電子機器を寝る寸前まで触っていると脳が起きてしまうので、寝付きにくくなります。

寝る時間の30分前はスマホを見るのをやめてゆっくり過ごしましょう。

眠る前にストレッチして身体をほぐす

ゆっくり身体を伸ばすことで身体の緊張をとっていきましょう。

身体の緊張をとることで脳の緊張も同時にほぐれていきます。

脳と身体がリラックスできていると寝つきやすくなります。

湯船につかってリラックスする

身体を温めることで血行が良くなります。

血行がよくなると体温も適正な状態が維持できるようになり、眠りやすくなります。

またストレッチと組み合わせると効果大です。

お酒を適量飲む

アルコールを少しだけとるとリラックスでき、寝やすくなります。

しかし、逆にお酒を飲みすぎてしまうと眠れなくなってしまうので適量だけ飲むのがコツです。

眠るときにアイマスクをつける

明るすぎて寝れない場合はアイマスクをすると効果的です。

視界が真っ暗になると頭がリラックスでき、体が寝るモードになりやすくなります。

眠るときに耳栓をする

音が気になって眠れないときは耳栓をしましょう。

耳栓をすると音を完全にシャットアウトすることができます。

無音が逆に気になる場合は、イヤホンで静かな音楽を聴くことも効果的です。

部屋の明かりを調節する

普段寝るときに明るくして寝ている人は、普段の明るさにライトを調整しましょう。

希望の明るさは個人差があるので色々工夫して、普段寝ている状況に近づけることで眠ることができます

眠れそうな部屋を選ぶ

できるだけ自分が過ごしやすい状況の宿泊施設を選びましょう。

リラックスできるのはもちろんですが、寝室のタイプは特に注意しましょう

和室か洋室かで寝具も変わるので寝れない人は事前に調べておきましょう。

普段通りに過ごす

寝る前のルーティーンがある人はできるだけ普段通りにしましょう。

どれだけ普段の生活に近づけることができるかで寝つきが違ってきます。

歯を磨く時間や順番、布団への入り方など自分がリラックスできる状態を作りましょう。

「旅行先で眠れないときの対処法」まとめ

上を向き気持ちよさそうな男性

旅行中で寝つきをよくするには、どれだけリラックスした状態で布団にはいれるかがコツです。

脳や身体をほぐし、できるだけ普段寝ている環境にして寝床に入ってください。

しっかりと寝て、次の日に体力を回復しておくことは旅行を楽しむのに大事なことです。