志望動機を考える3つのステップ!転職面接の志望動機は超重要!

よく観察しているような男性仕事

志望動機とはなぜその企業で働きたいのかを伝えるものです。

企業や業界はたくさんあり、入社希望の企業以外にも多くの競合他社が存在します。

それにもかかわらずなぜあなたはその会社を選んだのですから、必ず理由と動機があるはずです。

私は面接官に「どこでもよかったのではないか」と思われないようにきちんと理由を考え、準備して面接に挑みます

まずはその企業への理解度や入社意欲の高さをきちんと伝えることが重要です。

面接官に「この応募者と一緒に働きたい」と思われるような志望動機になるように考えていきましょう。

スポンサーリンク

志望動機は特にない?

先が見えない線路

本当のことをいうと応募者は特に志望動機なんてないのかもしれません。

新卒ならまだしも中途採用なら複数の会社に応募するので、強い思いの志望動機は特にないことが多いです。

「待遇が良さそうだから」

「家から近いから」

「潰れなさそうな企業や業界だから」

本音をいうとこんなところでしょう。

面接官もそんなことは当たり前にわかっています。

だからそんなことを伝えてもしかたありません。

だから志望動機はしぼりださないといけないのです

そして、その企業が社会で貢献したいことや目指している姿と自分の将来のなりたい姿をリンクさせましょう。

応募企業をまずは調査しよう

虫めがねを使ってよく見る男性

志望動機をしぼりだし、作成する方法としてまずは応募企業を調査します。

そしてその企業の特徴や強みと自分の実現したい姿をリンクさせます

具体的にはホームページで応募企業のことを隅々まで読んで調べます

社歴や社員数、会社の規模や社内の雰囲気などあらゆる情報がホームページには載っています。

そして、その業種について調べてその企業の立ち位置を想像します。

業界で何番目の売上なのか、その業種自体は伸びている市場なのか?

会社の公式ツイッターやインスタで発信している場合はそれもチェックします。

他にもその企業の名前や評判もgoogle検索でチェックし、インターネットでわかる情報は一度全て調べます。

ヒットしなければしなくても問題ありません。

志望動機をしぼりだして作成する

ハサミやペンチなどを机に出した状態

ある程度、会社の情報が頭に入ったらその企業がどのようなことを実現するために企業活動を行っているのかが見えてくるはずです。

あるいはすでにホームページに「~を目指す会社」「~を実現すべく企業活動を行っている」など書かれているかもしれません。

そして、企業が目指す未来像と将来なりたい自分の姿をリンクさせるように志望動機を創作してください。

たとえば「自然の環境保全を大事にしている企業」なのであれば以下のような感じです。

「休日などに自然の中を歩くのが好きで、常々この自然をずっと保護していくためにはどのようにすればいいのか考えていた。私は働くことで、環境を保護することに役立つことが出来る御社で働きたい。」

このように無理やりでも会社の考えと同調していることを体験や裏付けを交えながら伝えてください

次は企業の特徴や強みを自己実現につなげたい場合です。

たとえば「タイヤの溝加工が特徴の企業」だとした場合は以下のような感じです。

「昔、スリップで事故をおこしてしまいました。自損事故で軽傷ですみましたが、車屋に持っていくとタイヤの溝がすり減っていたことが原因でした。
また、知り合いが交通事故に巻き込まれたこともあり、私が会社で働くことで交通事故を少しでも減らすことができる活動をしたいと常々考えていました。」

こんなところでしょうか?

自分はその企業で働く意義や意味があるということが伝わればどんな事でも問題ありません。

裏付けになった意味や体験よりも、企業の将来像、社会貢献活動の内容や特徴、強みなどを深堀りして調査しましょう。

志望動機の脚色

暗闇で丸いライトからメイク直しをしてもらう女性

今の時代は転職なんて当たり前です。

志望動機や内容にかなりの脚色があっても何も問題ではありません。

しかし、

「自分の性格とまったく逆のことを主張することになってしまうこと」

「まったくのでたらめで始めから最後の話まで全部ウソ」

というのは控えたほうがいいでしょう。

丸暗記や自分に無理した内容になると、質問や話の急な方向転換についていけなくなります。

また自分の回答に大きな矛盾が生じることが多くなり、面接官は逆に不信感が募ります。

大きな方向性や考えは統一して、志望動機を脚色していきましょう。

面接官に「この人はかなり脚色して話していそうだが、熱意や自社を丁寧に調べてきたことは感じる」と思わせればいいのです。

どれくらい自社を調べたか?そしてその調査内容は的を得ているのか?

この辺が最も重要です。

調べてきたものの、ただの丸暗記だとそこまで好印象にはならないかもしれません。

調べてきた結果をキチンと自分の言葉で整理し、企業目標と自己実現がマッチしていることをわかりやすく伝えましょう。

まとめ

握手をするスーツの男性

会社の面接で志望動機は非常に重要です。

ですので適当にとってつけたような動機だと見透かされて悪印象になってしまいます

きちんと自分の体験や考えを述べて、その上で応募企業で働くことに意味があることを伝えましょう。

そしてその企業で働くことで企業目標の達成だけでなく、自己実現の達成もできるというようなストーリーに仕上げていきましょう。