職場の愛されキャラの特徴とは?職場から愛される存在になろう

仕事

「職場でみんなから愛されるようになりたい!」とか「愛されキャラは得だな~」と思っていませんか?

実は愛されキャラにはある特徴があるんです。

そしてちょっとしたコツを掴むとあなたも職場の人から愛される人になれるかもしれません

なぜならはじめは何でもなかった人がだんだん愛されキャラになることがあるからです。

私はいままでの職場でそのようになっていった人を何人も見てきました。

この記事では愛されキャラの特徴と愛されるようになるためのコツをご紹介します。

記事を読み終えると今よりも職場のみんなが優しく接してくれるようになります。

スポンサーリンク

職場の愛されキャラの特徴とは?

笑顔で電話する女性

職場のみんなは愛されキャラに会うと自然に笑顔になります。

楽しそうな笑顔を見ているだけでこちらも楽しくなります。

そんな愛されキャラはどういった特徴があるのでしょうか?

なんでも素直に聞く

愛されキャラは必ず素直です。

何かを人に言われても否定や言い訳をせずに「ハイ!」と元気よく返事をします。

逆にどんな話をしても否定から入る人は愛されません。

みんな自分の話を聞いてほしいので素直に受け入れてくれる人が愛されます。

性格が明るい

明るい性格の人は愛されキャラになりやすいです。

なぜなら大体の人は何かしら悩みがあり、明るい人に接したいと常に思っているからです。

明るい人に接すると自分も少し明るくなることができるから、愛されキャラは話しかけてもらうことが多くなります。

遠慮がない

今の世の中は忖度や遠慮が多くなり、余計なことを口にしなくなりました。

また「こんなこと聞いたら怒られるかな~」と思うことは決して聞いたりしません。

そのため会話が少なくなり職場で楽しくおしゃべりするのも気をつかいあっています。

しかし愛されキャラはプライベートな質問や聞きにくいことも純粋に聞いてきます

愛されキャラは素直に聞きたいことを聞いてくれて、気持ちよく楽しく話ができるので人気があるのです。

常に笑顔でいる

自然と笑顔が多い人が愛されキャラになれます。

愛されキャラは何もしていなくてもニコニコしています。

話しかけるとこちらもニコニコしてしまうので気分が晴れやかになります。

ちょっとしたトラブルがあっても笑顔で対応しているので愛される理由がよくわかります。

人によって態度を変えない

愛されキャラは誰でも平等に接します。

職場でめんどくさいと思われているおじさんにも笑顔で普通に話しかけます。

またお局にも無理なく話しかけることができて、誰が相手でも態度を変えません。

たとえ社長であっても態度が同じなので誰からも愛される存在です。

なぜなら社長や目上の人はズケズケ何かを話しかけられないので、そういう存在はとてもかわいく見えるのです。

ドジなところがある

完璧な人は愛されません。

なぜならそんな人に何かを優しく教えることはありませんし、話しかけるだけで何か見透かされているようで萎縮してしまいます。

ですので愛されキャラは必ず気が抜けているところがあります。

たまに失敗することで「助けてあげたいな」「何かドジでかわいいな」と思われて愛されキャラになるのです。

おもしろい

愛されキャラは素直で明るく、誰でも話しかけたくなる存在です。

そして話や冗談がおもしろければさらに愛される存在になります

なぜなら誰しもが常に笑いたいとおもっているからです。

そのためおもしろい人には人が集まってきます。

明るくドジっ子でおもしろい人は職場の愛すべき存在です。

職場で愛されキャラになる方法

バスローブを着て鏡を見る女性

愛されキャラには特徴があります。

ですのでその特徴をまねることで愛されキャラに近づくことができます。

普通の人でも少し意識するだけで職場の人からの愛され度が変わってくるので、ぜひ試してみましょう。

ウソをつかないようにする

なるべくウソをつかないようにすると愛される人になれます。

たとえば寝坊して遅刻してしまったときに「電車が遅れてて。。。」と言い訳するより素直に「寝坊しました!」と明るく言うほうが愛されます。

また仕事の小さな依頼事項を忘れていたときも「仕事が忙しくてする時間がとれませんでした。」というよりも「すっかり忘れてました!」と明るく言われると憎めないものです。

とうでもいい小さなウソをつかず、正直なほうが愛されキャラになれるのです。

声のトーンを少しあげる

声が低いと威圧的だったり怖い印象になります。

生物学的に赤ちゃんや子供の声が高いのは声が高いと守ってあげたくなるからです。

そのため低くて暗い声で話すよりも、意識して少し声のトーンを上げると印象が明るくなり愛らしく感じます。

とくに朝一番や午前中は疲れや眠気で声が低くなっているので少し意識して声出ししましょう。

そうすると自然と愛されキャラに近づくことができます。

少し踏み込んだ質問をする

仕事の話ばかりでは愛されキャラになれません。

話していて楽しい存在になるにはプライベートな話やおもしろい話を引き出すことが重要です。

そのためには遠慮せずに気になったことを質問するのが効果的です

たとえば「彼女いるんですか?」とか「奥さんとどこで出会ったんですか?」など普通なら躊躇してしまう質問ほど目上の人は聞かれるとうれしいものです。

仕事だけではなくプライベートなことも興味を持っていることがアピールできれば成功です。

人は自分に興味を持ってくれている存在をいとおしくおもうからです。

もちろん明らかに失礼な質問や発言は控えましょう。

口角を少し上げる

愛されキャラはいつも笑顔でニコニコしています。

暗い顔をしてうつむいていては人は誰も近づいてきません。

しかし少し口角を上げて話すだけでずいぶん印象が違ってきます。

笑顔を作るのが苦手だったとしても、意識して口角を上げるだけで人がよってくるようになります。

愛されキャラのようになるには明るく元気で口角を少しでも上げる努力をしましょう。

苦手な人に対しても普通に振る舞う

職場の苦手な人を避けたりしていませんか?

人に対して好き嫌いが多いと愛されキャラにはなれません。

誰に対しても平等に接しているから愛されるのです。

自分が苦手だと思う人でも笑顔で対応すると向こうも警戒しなくなります。

なぜなら普段あなたはわざと避けたり、嫌な顔をしているから向こうも嫌な気持ちになっていただけかもしれません。

少しでも愛されキャラに近づくには誰でも同じ態度で接しましょう。

しっかりしすぎない

愛されキャラは少し抜けているところがないといけません。

あなたがまわりからしっかりしていると見られていては愛されキャラにはなれません。

わざとでもいいので少し抜けているフリをすると効果的です。

たとえば「予約しておきます!」と元気よく言ったのにやっていなかったり、「任せてください!」と言ったのに全然店を調べてなかったりワザとドジをしましょう。

ドジをするのは仕事以外の飲み会やプライベートのことにしておくと無難です。

仕事のミスになると本当にたくさんの人に迷惑がかかることになります。

おもしろいことを言う努力をする

愛されキャラに近づくにはおもしろいことをいうことが大事です。

実際におもしろいかどうかは重要ではないので気軽に言うようにしましょう。

おもしろいこと冗談を自分に言ってくれるというのは、遠慮がないフランクな関係だという証です

そのためおもしろい冗談を言う人は愛されキャラになれます。

ただし、しつこいダジャレやブラックな冗談は嫌がられる可能性があるので注意しましょう。

まとめ

笑顔で芝生の上で寝転ぶ女性たち

愛されキャラは職場のみんなから求められています。

素直で明るいのでみんなが話しかけたくなる存在です。

愛されキャラと話をすることで自分も明るく元気になりたいと考えているからです。

また少し抜けているところがあるのも特徴です。

人は自分より明らかに優れている存在がいると萎縮してしまいますが、ドジな人だと安心して話しかけることができるからです。

職場の人から安心して話しかけられる愛されキャラのようになるには、自分が特徴に寄せていく必要があります。

ウソをつかず、明るくふるまえば職場の人から愛される人になります。

少し抜けたところもアピールできるとさらに職場の人から愛される存在になるでしょう。