英語のパングラムって何?英語の言葉あそびでおもしろく学ぼう!

本に囲まれた扉英語

私は英語を勉強していると時々しんどくなったり、やめたくなったりします。

何年も勉強したり、やめたりを繰りかえしていて、継続して勉強するモチベーションを保つことはとても難しいことです。

頑張ってるのにどれだけやっても映画の英語は聞き取れないし、英語の本はまったく理解できそうにないのであきらめてしまうことは痛いほどわかります。

しかし、英語習得の道は果てしなく長く感じ、1歩1歩着実に進んでいかなければなりません。

私は外国人と英語で話すのは好きですが、英語の勉強が嫌いでなかなか机に向かって勉強できませんでした。

ですが先日やっとTOEICが750点を超えました!

勉強に疲れてきた時に、今までよりも英語への興味が持てるようになればやる気がでて、モチベーションを保つことができます。

そこで今回は勉強のことは忘れて、英語に関する面白い雑学を紹介します。

読むと単純に英語という言語自体に興味が出てくるとおもいます。

スポンサーリンク

英語のパングラムは「ことば遊びの王様」

古いタイプライター

アルファベットは26文字ありますがこのアルファベットの26種類を全て使用した文のことをパングラムと呼びます

26文字とは言うものの全てを一回づつしか使えないのではなく、何度使用しても構いません。
1番有名なのが
The quick brown fox jumps over the lazy dog. 素早い茶色い狐が遅い犬をジャンプする。 という文です。

パングラムの文といえばこの文が圧倒的に有名です。

しかし、気付いた人がいるかもしれませんが、実はこれ26文字以上あります。

oやtなど何度か文字が重複しているため35文字で構成されている文になります。

しかし、有名な文のためパソコンフォントの表示例などでよく使用されています。

日本語のパングラムは「いろはにほへと」が有名ですが、この文は1種類づつしか日本語を使用していません。

ではなぜ重複した文字が多数あり、35文字も使用している文なのにThe quick brown fox~がパングラムで有名なのかと言うと、アルファベットの場合はそれ以下の文字数になると文章として意味を成立させるのがとても難しくなるからです。

もちろんそれ以下の文字数のものも存在しますので、まだ意味がなんとかわかるレベルのものを一部紹介します。

The jay, pig, fox, zebra and my wolves quack! (33文字)
カシドリ、ブタ、シマウマ、そして私のオオカミたちは騒がしく鳴く!
Pack my box with five dozen liquor jugs.(32文字)
私の箱に5ダースの酒瓶を詰めて!
The five boxing wizards jump quickly. (31文字)
5人のボクシング魔女達は素早くジャンプする。
New job: fix Mr. Gluck’s hazy TV, PDQ!(26文字)
※PDQ : Pretty Damn Quick
新しい仕事:グラックさんのかすんだテレビを修理して、大至急!

最後は完全パングラム(26字を1回ずつ使用)だけども意味がだいぶ苦しいですね。

しかし、現在公開されている完全パングラムは略語や人名を入れないと完成出来ていないません。

しかも、この例文はかなりわかりやすいほうで、他の公開されている完全パングラムは意味すら不明なものばかりです。

あなたも時間があれば自分で作成してみましょう!

意味もしっかりした完全パングラムを完成させることができれば世界で超有名人になれるでしょう。

英語の回文は後ろから読んでも同じ言葉【palindrome】

KEYWORDSと書かれた木の積み木

新聞紙(しんぶんし) 竹やぶ焼けた(たけやぶやけた)など日本語では後ろから読んでも同じ単語や同じ文になるものがあります。

これは言葉遊びで回文と呼ばれるものです。

世界中の人がこれらと同じことを考えていて、実は色んな世界中の言葉で回文は存在します。

もちろん英語にも存在するのでご紹介します。

まずは上から読んでも下から読んでも同じ単語です。

levelレベル
madamマダム
radarレーダー
reviver復活させる人

7文字以上になるとほとんど回文単語は存在しません。

それくらい英語での逆転言葉は難しいみたいです。

しかも文章と違って、単語は0から作成するものではないので偶然下から読んでも同じ言葉が存在したというものです。

続いて紹介するのは後ろから読んでも同じ文章です。

前からアルファベットを並べても、後ろから並べても同じ並びになります。

・Nurses run!
看護士達は走る
・Borrow or rob?
借りるか盗む?
・Pull up if I pull up.
私が引っ張ったら引っ張って!
・Was it a car or a cat I saw?
私が見たのは車?猫?

上手ですよね。

これならおもしろくて普通の英文よりも覚えたくなるかも知れません。

「英語のことばあそび」のまとめ

手の中に文字が書かれて、ボールに動物が書かれているデザイン画

今回は英語の面白い言葉や文章を紹介しました。

まだまだ英語関連の面白いことがあるので他にもまた紹介します。

日本語とはルールや文字が全然違うので、単に英語の勉強をするだけでなく、文字の成り立ちや考えを調べてみるのも楽しいですよ。

また、文字自体を使った遊びや雑学を知るものオススメです。