なぜネイティブの英語は聞き取れない?早くて聞こえない4つの理由!

壁に耳をあててよく聞く像英語

Youtubeや映画などで英語に触れる機会が増えましたが何度も聞いても英語の文章がはっきりとは聞こえてきません。

英語圏の人が話す英語って早すぎるんじゃないか?

教科書や参考書のテキストの音声と映画の英語は違うのか?

そう感じるくらい教科書英語と実際の英語は違います。

私もワーホリに行ったときに、学校で習っていた英語とあまりにも違うのでショックを受けました。

しかし、英語で生活していく中でだんだんとなぜわからないのかがわかるようになりました。

どのように違うのかがわかるようになれば、だんだんと英語が聞こえてくるようになります。

スポンサーリンク

ネイティブの英語は文字がつながるから聞き取れない

外で電話するフリをしている女性たち

日本語は一文字一文字区切って発音します。

日本語の文字自体が1文字づつ独立した音だからです。

1文字が1母音+1子音のため、後ろの文字と繋げては読みません。

Ka Ki Ku Ke Ko カ キ ク ケ コ

しかし、英語は単語の終わりが子音なので、あとの母音と自然に繋がるのです。

I have a pan.
アイ/ハブ/ア/ペン ではなく
アイ/ハブァ/ペン と読むでしょう。

この Have と a は繋げて読むのです。

これがリンキングというものです。

言葉同士がつながるパターンは山ほどあるので多くの英語の文章を聞き、慣れなければなりません。

You can make it .
○ユー/キャン/メイキッ
×ユー/キャン/メイク/イット 

Can I sit here?
キャンナイ/シット/ヒア?
×キャン/アイ/シット/ヒア?

Check it out.
チェキアウト
×チェック/イット/アウト

ネイティブの英語と日本人の音節が違うから聞き取れない

電話してしながらこちらを見つめる男性

日本語は音節という考えはありません。

なぜなら一文字一文字が音節になっているので、意識する必要がないからです。

1母音+1子音で1音節です。
英語は1つの母音に対して1~7つの子音がくっついています。

そのため単語によって音節がバラバラなので、どこで区切るのかを覚える必要があります。

《日本語》すとらいく ス/ト/ラ/イ/ク 5音節
《英語》 strike   ストライク 1音節 
《日本語》ほてる   ホ/テ/ル 3音節
《英語》 hotel    ホ/テル 2音節

このように日本語は文字一つに対し、必ず1音節になっています。

しかし、英語は単語によって音節の数が違い、音節を意識して話す必要があります。

発音が完璧でも文章や単語の読み方を切るところが違えば通じません。

英語圏の人たちからしたら、区切る場所が違うだけでまったく違う言葉に聞こえるのです。

上の例だと日本語で「ス・ト・ラ・イ・ク」と一文字づつ区切って言っても「ストライク」だなということはわかるはずです。

しかし、外国人に完璧な英語のアルファベット発音で「S・T・R・I・KE」と区切って言ってしまうと「???」です。

ネイティブは発音しない英語の音があるから聞き取れない

夜の街をバックに会話をするカップル

日本語では単語や言葉などを短くして略して話すことはあっても、英語のようにまったく発音しないことや限りなく小さく発音するような文字はありません。

しかし、英語は特定のルールの文字は口語でほとんど発音されません。

たとえばh-の音や-dの音などです。ほとんど聞こえないので、文中で出てきた場合は頭で補完して考える必要があります。

あとは同じ音が重なる場合も省略されます。

それ以外にも前置詞(at,in,on)や冠詞(the,a,an)などもかなり弱く発音されます。

Have アヴ
Has
アズ
Had
アド

And Iアナイ
And atアナッ

used toユーストゥ
said to セットゥ

first timeファースタイム
convenience storeコンビニエンストアー

ネイティブの英語の文章は全体の話がだいたいわかればOK

コーヒーを飲みながら会話する女性ふたり

例えば日本語でも滑舌が悪い人の話って聞き取りずらいですよね。

しかし、しっかり聞いていれば話の全体や言っていることは理解できるはずです。

なぜなら、わからない文章や言葉を頭で補完しているからです

英語でも同じで聞こえない単語や分からない文章は頭で補完して考え、全体の内容を推測します。

そして、英語はキチンと発音したり、正確に言葉を言っていないことも多いので、日本語と比べればより内容を推測する能力が必要になります。

ただし、英語では大事な文章や言葉は強く発音したり、先に言ったりするので、大事なところは聞き取れるはずです。

前置詞や接続詞は聞き取れなくても文章の意味は想像できるので、リラックスして全体をつかむつもりで英語は聞きましょう。

すると自然に意味や内容がわかってきます。

「ネイティブの英語はなぜ聞き取れないのか?」まとめ

会話している人たちに吹き出しをつけている

英語の早口は特に発音しなくても通じる音などは徹底的に省略されます。

前置詞なども正確に聞き取ることは難しいでしょう。

何度も何度も聞いて、キーになる言葉や重要なところの意味をまずは掴みましょう。

何度聞いても聞こえない音は実は発音していないとか聞き取れないくらい小さい場合が多いのです。

映画や動画などの英語のキャプションや英語字幕などは目の見えない人のために正しい文で書かれていますが、キャプションに惑わされないようにしましょう。

実際はそのとおりに発音していない場合や、キャプション通りの発言ではない場合がたくさんあります。

英語の文字を目で追って動画を見るのではなく、しっかりと耳で聞いて、全部の文や単語が聞き取れなくても話の内容がわかるようにしましょう。